債務整理の条件ってなに?【種類別!債務整理の条件について】

債務整理の条件ってなに?【種類別!債務整理の条件について】

債務整理の条件ってなに?【種類別!債務整理の条件について】

債務整理を行うために必要となる条件はそれぞれの債務整理の手法によって異なってきます。
まず最初に債権者と債務者が交渉をすることで債務整理を行う「任意整理」と「特定調停」についてですが、これら二つに関しては特に事前に満たしておくべき条件はありません。
「任意整理」の場合は裁判所を通すことが無く、「特定調停」の場合は裁判所を通す必要があるというような違いがありますが、これら二つの制度は基本的に弁護士や司法書士などの手を借りることができれば、成功するかどうかは別としていつでも行うことができます。
次に債務を大幅に減額した上で3~5年の期間で返済をする「個人再生」ですが、これは条件として「住宅ローンを除く債務が5千万円以下であること」と「返済能力が維持されること」の二つが条件となります。
特に個人再生の場合は完済するまでは返済を続けていかなくてはならないわけですから、返済能力が無くては成功することはありません。
そして債務をゼロにする「自己破産」ですが、これは「借金の原因が浪費でないこと」と「過去7年間に自己破産をしていないこと」、そして「現状では返済できる見込みがないこと」の三つが条件となります。
また処分して返済に充てることが出来るような財産があるというような場合には、一定額以上の財産に関しては競売などの手段で処分をされることとなります。
債務整理には様々な種類があり、それぞれによって適している状況や、条件が異なってきます。
どの方法による債務整理を行うかについては冷静にじっくりと考えるようにしましょう。